このページの本文へ移動
文字サイズ
メニュー

三重大学医学部附属病院(小児)

都道府県がん診療連携拠点病院
小児がん拠点病院
がんゲノム医療拠点病院
初回指定日:2013/02/08 指定更新日:

相談支援センターの相談方法、連絡先、対応状況、体制、重点を置いている相談支援の内容、連携協力している小児がん患者団体などを掲載しています。

更新日:2018/09/27
掲載日:2014/08/31

相談支援センターからのメッセージ

50年以上にわたり小児がんの診療、研究及び人材育成研修を行っています。当院ではすべての患者さんが最新最良の医療を受けられるように、適格な確定診断をもとに小児科、小児外科、放射線科、脳神経外科、病理診断部門等複数の専門家からなる「キャンサーボード」を通じて充分な検討を行い、治療方針を決定しております。また、看護師、病棟保育士、チャイルド・ライフ・スペシャリスト、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士、院内学級教員等の多職種連携チームによって小児がんのトータルケアを実践しています。

基本情報

名称 総合サポートセンター
電話(代表) 059-232-1111
電話(内線) 5152
電話(直通) 059-231-5434

相談方法

対面相談

対応有無 実施している
予約の要否 要予約

電話相談

対応有無 実施している
予約の要否 要予約
電話(代表) 059-232-1111
電話(内線) 5152
電話(直通) 059-231-5434

FAX相談

対応有無 実施していない
相談用のFAX番号

電子メール相談

対応有無 実施していない
相談用のアドレス

体制

相談員の職種 社会福祉士,看護師,精神保健福祉士,医師,医療心理に携わる者

ピアサポーターによる対応

対応有無 実施している
具体的な活動内容 なごみサロン(患者同士の交流の場)等、リボンズハウスで開催しているプログラムにがんを経験された方にも参加いただいている。ピアサポートを希望された患者へサポーターを紹介している。

相談件数・内容

相談件数 平成30年1月1日~12月31日  205件

最も力を注いでいる相談支援の内容

1 経済的問題の解決、調整援助
2 療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助、退院援助(妊孕性、生殖温存、復学、就労など)
3 患者・家族の心理的ケア
4 終末期の在宅移行支援と訪問活動、終末期の在宅移行における他職種連携、終末期の在宅移行における地域連携
5 造血幹細胞移植後患者の生活支援

施設について

詳細は現況報告書の別紙13,25を参照して下さい

語り合うための場 施設があります。
長期滞在施設 施設があります。

提供している情報

相談支援センターが提供可能な地域の患者会やほかの医療機関に関する情報です。

地域の患者会の情報

対応有無 実施している
提供可能な患者会の数 11件
参加対象の疾患名 乳がん、喉頭がん、膀胱がん、大腸がん、胃がん、小児がん、血液腫瘍

地域との連携協力体制

詳細は 現況報告書 の別紙11を参照してください。

体制設備

連携協力している小児がん患者団体

団体名 団体の参加対象者 連携協力の内容
がんの子どもを守る会東海支部 小児悪性疾患の治療経験のある患者とその家族 三重大学病院の講堂にて、年1回講演者を招き、小児がん治療の晩期合併症、小児がん患者の在宅医療、復学などをテーマに講演会を行う。あわせて、小児がんの治療、治療後の相談会も開催する。
三重大学小児科・おひさまキャンプ実行委員会 三重大学小児科医師、看護師、CLSおよび学生ボランティア 三重大学病院の講堂にて、年1回講演者を招き、小児がん治療の晩期合併症、小児がん患者の在宅医療、復学などをテーマに講演会を行う。あわせて、相談会も開催する。
三重大学小児科・どんぐりオータムキャンプ実行委員会 三重大学小児科医師、看護師、CLSおよび学生ボランティア 三重大学小児科のスタッフと、外来患者とその家族が日帰りデイキャンプに出かけ、患者家族と交流をはかり、様々な相談に応じる。また、キャンプには多くの兄弟姉妹も参加し、同胞の病気の理解、医療スタップとの交流もはかっている。(年1回)
ひだまりの会(小児がんで入院した経験のある親の会) 小児悪性疾患の治療中、あるいは治療経験のある患者とその家族 三重大学病院内で、年4回、ひだまりの会の方が食事を作って、食事しながら、入院治療中の患者や家族の悩みや相談に応じる。
ひとと樹(小児がん経験者の会) 三重大学小児科で入院した小児がん経験者およびその関連者 小児がんを経験し、現在もさまざまな悩みを抱えて生活している経験者による経験者のための集まり(ピアサポート)。体験者同士の情報交換の場を2ヶ月に1回定期的に設けている。
続よんちゃんず 三重大学在学中あるいは卒業者によるボランティア 三重大学小児病棟プレイルームにて、レクレーション企画(工作、ゲーム大会、クッキングなど)を週1回行っている。また、夏祭り、ハロウィンなどの病棟行事を年数回、病院スタッフと協力して、企画・運営している。
日本ホスピタルクラウン協会 クラウン活動のスキルのある道化師 小児病棟に月に1回2?3名の道化師の方が訪問している。各病室を周り、患者、ご家族一人一人と遊んで、楽しいパフォーマンスをしている。
にじのかい(小児がん遺族の会) 小児悪性疾患で逝去された患児家族 小児悪性疾患で逝去された患児のグリーフケアの一環としての相談会開催。
げんきのまど 中部テレコミュニケーション・げんきのまどプロジェクト担当者 小児病棟プレイルームにて、院外の娯楽施設とテレビ中継を大画面で行い、入院中でも外の空気と触れ合う機会を設ける。また、プレイルームでのレクレーション大会、クイズ大会なども開催。

がんの子どもを守る会東海支部

団体の参加対象者 小児悪性疾患の治療経験のある患者とその家族
連携協力の内容 三重大学病院の講堂にて、年1回講演者を招き、小児がん治療の晩期合併症、小児がん患者の在宅医療、復学などをテーマに講演会を行う。あわせて、小児がんの治療、治療後の相談会も開催する。

三重大学小児科・おひさまキャンプ実行委員会

団体の参加対象者 三重大学小児科医師、看護師、CLSおよび学生ボランティア
連携協力の内容 三重大学病院の講堂にて、年1回講演者を招き、小児がん治療の晩期合併症、小児がん患者の在宅医療、復学などをテーマに講演会を行う。あわせて、相談会も開催する。

三重大学小児科・どんぐりオータムキャンプ実行委員会

団体の参加対象者 三重大学小児科医師、看護師、CLSおよび学生ボランティア
連携協力の内容 三重大学小児科のスタッフと、外来患者とその家族が日帰りデイキャンプに出かけ、患者家族と交流をはかり、様々な相談に応じる。また、キャンプには多くの兄弟姉妹も参加し、同胞の病気の理解、医療スタップとの交流もはかっている。(年1回)

ひだまりの会(小児がんで入院した経験のある親の会)

団体の参加対象者 小児悪性疾患の治療中、あるいは治療経験のある患者とその家族
連携協力の内容 三重大学病院内で、年4回、ひだまりの会の方が食事を作って、食事しながら、入院治療中の患者や家族の悩みや相談に応じる。

ひとと樹(小児がん経験者の会)

団体の参加対象者 三重大学小児科で入院した小児がん経験者およびその関連者
連携協力の内容 小児がんを経験し、現在もさまざまな悩みを抱えて生活している経験者による経験者のための集まり(ピアサポート)。体験者同士の情報交換の場を2ヶ月に1回定期的に設けている。

続よんちゃんず

団体の参加対象者 三重大学在学中あるいは卒業者によるボランティア
連携協力の内容 三重大学小児病棟プレイルームにて、レクレーション企画(工作、ゲーム大会、クッキングなど)を週1回行っている。また、夏祭り、ハロウィンなどの病棟行事を年数回、病院スタッフと協力して、企画・運営している。

日本ホスピタルクラウン協会

団体の参加対象者 クラウン活動のスキルのある道化師
連携協力の内容 小児病棟に月に1回2?3名の道化師の方が訪問している。各病室を周り、患者、ご家族一人一人と遊んで、楽しいパフォーマンスをしている。

にじのかい(小児がん遺族の会)

団体の参加対象者 小児悪性疾患で逝去された患児家族
連携協力の内容 小児悪性疾患で逝去された患児のグリーフケアの一環としての相談会開催。

げんきのまど

団体の参加対象者 中部テレコミュニケーション・げんきのまどプロジェクト担当者
連携協力の内容 小児病棟プレイルームにて、院外の娯楽施設とテレビ中継を大画面で行い、入院中でも外の空気と触れ合う機会を設ける。また、プレイルームでのレクレーション大会、クイズ大会なども開催。

 

団体の参加対象者
連携協力の内容
ページの先頭に戻る
ページの先頭に戻る